INFPのブログ

INFP夫の備忘録

INFP夫

人生を生きづらいと感じた事はあるだろうか?

夫(INFP)は常に最善の方向とは逆の最悪の道を選ぶ方かなと思う。

 

要領はいたって悪く、かといって頭が悪いわけではない。

特別な能力にも優れているし、妻である私も助けられる事は多い。

ただ、人生を生きていくにはとても柔軟な人ではない。

 

人間は1日に24時間しかなく平等だ。

ただ彼らINFPにとって矛盾があること、しっかり考えて答えを出さないと気がすまない事が多々あり、そうなると時間をじっくりかけすぎて波に乗り遅れる様なそんな感じ。

ただ、発達傷害だとかそういうのではないみたい。

 

私が

簡単な心理テストを出した時、夫(INFP)はその質問に簡単には答えてくれない。

その状況を詳しく聞きたがったり、自ら条件をつけて

「こう言うときはこうなるだろうし、こんな時はこうだと思うし」

と心理テストを単純に楽しもうとしてる私にとっては腰を折られたような、

「もう良いよ」

と言ってしまいたくなる様な感じになる。

 

かく言う私はISFJだ。

 

この「記号」は心理テストをした結果、個人を16のタイプに分けた言い方のようで、

下のテストですぐに判断が出来るので、興味がある方は是非。

無料性格診断テスト | 16Personalities

 

 

この心理テストでタイプ別のページが用意されているのですが、

INFPだけSNSで6.9Kも獲得し、ネット上に拡散されている。

他のタイプを見てみると3Kくらいだ。

 

それだけ自分の生きづらさに憤りを感じたり何か違和感を感じているのかなと思う。

何せ、世界に4%という希少価値のある人たちですからね(笑)

 

 

これから夫(INFP)について書いていこうと思う。

少数派INFPの方々に共感してもらえると良いのだけれど。

 

 

頼れる対象を見つけてほしい

最近の夫(INFP)は、体温の調節がうまく行かず通勤やオフィスで、とても不快な状況が続いている様子。

 

確かに、交通機関やお店などは必要以上にエアコンが効いていて、外は余計に寒く感じられる状況。

 

そんな状況が続いており、「自分だけがおかしいのではないか?」「病院に行く方が良いのか?」などと相談を受けており、私も症状を検索していると、どうも

 

「自律神経がうまく働いていない」→「自律神経失調症?」→「うつ?」→「神経内科?」

とたどり着くわけですが・・・

男性にも更年期障害があるらしく、

女性は生理が終わったから、という何となく合図がありますが、男性はそういったものがなく、なおかつ個人差もあるので判断は難しいみたいです。

 

ただ、よくよく聞いてみると、今年の11月は割りと暖かい日が多く、なおかつオフィスは通常通りエアコンで温められているせいで体調不良を起こすようです。

 

私もエアコンの暖かさが苦手です。

上部だけ暖まって足元が寒いので、女性はまた温度を上げたりするので、顔ばかり暑くなるのです。

 

それはさておき、

夫(INFP)はINFPという厄介でまれな性格に加えて、HSP(Highly sensitive person)という部類にも当てはまるので、常にストレスと隣り合わせ。

こういった状況も普通の人なら「暑いなぁ。暑くない?エアコンの温度下げるよ~」

とか

場合によっては聞かずに勝手に温度変更する人もいますしね。

それが気を使って出来ないのもINFPなんですよね。(これはHSPの方が強く出てるのか?)

 

infp.hatenablog.com

それに加えて、INFPは逆行に立ち向かうような正義感と勇敢さを秘めている為に、非常に世渡りが苦手で苦痛でしょうね。

 

HSPなので映画を見ているときに外がうるさい、唯一の休みの日にパン焼き機がバタバタ音を経てて作動していたりすると、ま~ったく集中できません。

唯一の休みにストレスが加算状態になるので、出来るだけ土日には音が無い様に心がけないといけない妻(ISFJ)なのです。

 

このように、普段ストレスを抱えて、それをどこかに発散したいと思っている夫は私に話すことで頭の中を整理して、ストレスも少し軽減させ、また次の日の仕事へ向かうわけですが、世の中のINFPさんがこんな風に出来るわけではありません。

 

聞いてくれる人が近くに居ないかもしれないし、理解者になる人があまり居ないかもしれない。

でもそうしないとストレスが溜まる~となるなら、どこかにその場所を作った方がよい気がします。

たとえば日記の様なノートをつける、ネットで共通の人を探す、好きな趣味に没頭するなど。

 

ただ、私の経験から言うと問題をすりかえてストレス発散するような方法はINFPさんにあまり効果が無いように思います。

その瞬間は問題から少し離れている気がしますが、結局何をやっている時も頭の中で問題がグルグルめぐってめぐって、結局ストレス発散にしていたことが疲れて終わるというのを何度も見ています。

 

汗をかいたりゲームをしても、結局必要以上に疲れて終わるなんて事が十分にありえます。

でも溜め込むよりは吐き出すほうが良いので、どこかそんな場所を見つけると良いのかな?と思います。

 

これは私の夫だけかもしれませんが、

「信頼できる人に常に見ていてほしい!」というところがありませんか?

まるで授業参観の母と子の様に。

 

お母さんが来ているか、ちゃんと見ててくれているか常に後ろを見ている子っていますよね?そんな感じ。

常に自分の後ろにあなたは居てくれているのか?ってところがある夫です。

 

なので、今は常に聞いてあげる

それで少しでもストレスが軽減されるならと、あまり意見するような事はせず、聞いています。

 

本気でカウンセリングや心理学の本でも読み始めようかと思う今日この頃です。

 

INFPさんへのおすすめの映画

 

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

 

 私は嫌いですが(笑:フランス映画はあまり合いません)、INFPさんの共通点がたっぷり入った映画だそうです。

この主人公、アメリがINFPみたいですよ~。

 

 

 

 

 

ストレスを感じやすい

夫(INFP)が、最近転職したのですが、

また職場でもがいている様子です。

 

 

自分の出来る(やりたい)仕事と少しずつかけ離れていくこと

協調性を大事にみんなで仕事に取り組みたいのに、単独の仕事である事

それに加え残業があること、、、

 

などが主な原因。

 

最近は帰宅も遅くなり、疲弊しています。

 

 

さらに、自分の体系にもコンプレックスを抱いている為、ダイエットも出来ない、仕事もうまく行かない、ゆっくりする時間もない、で、すごくストレスを感じています。

 

 

こんな時妻としてどうしてあげるのが良いのだろう。

状況を改善するのは、所詮当事者にしか出来ない事だし、私(ISFJ)は割りと合理主義なので

「そんなこと今言ってもしょうがない」

「結局決めるのは自分」

「こんな時に考えずに週末ゆっくり考えたら?」

と思ってしまうし、それを夫に言ってしまいます。

 

 

夫(INFP)

頭の中に問題があるとそこばかりずーっと考え、頭から離れないのです

私は「一旦しょうがない」と諦め、じっくり考える時間を、余裕のあるときにしたいタイプですが、夫はそれができません。

 

 

以前聞いた話によると、

あるデータでは、「ストレスを抱えながらダイエットするのはほとんど意味がない」

んだそうです。

 

いやだなと思いながらジムに通ったりマラソンをしたりなど、効果はない様です。

なので夫もジムに通っていますが、前日より数百グラムでも増えていると「なぜなんだ?」とまたストレスを感じています。

 

私にしてみれば、数百グラムは誤差であり、夜に食べたものでも変わるでしょうし、

朝、トイレに行ったかどうかでも変わるくらいの誤差です。

 

でも夫はそういうのが許せないみたいです。

逆に減っていると少しでも安心なようで、「意味ないのにな」と思っている冷ややかな妻です。

 

 

さて、

構ってちゃんの夫(INFP)のストレスはどのように解消してあげるのが一番なんでしょう。

たぶんアドバイスを言っても本人の中で消化できていないと、同じようにぐるぐる同じ事を考え、発言し、負のスパイラル。

 

それを聞いている私まで嫌な気分になるのです。

最近はあまり応えないようにしています。応えてもたぶん解消しないし、

「こんなに献身的にアドバイスしてるのに」と逆に私が思ってしまうから。

アドバイスして「そうか!」と切り替えてくれるなら、アドバイスのし甲斐もありますが・・・。

 

 

週末はどこか遊びに行く提案をしてみよう。

最近は夜ご飯を抜くと言い出し、それがまた頭痛を引き起こして、すべてが悪循環。

あーどうしてあげるのが良いのか。

 

 

人生ってそんなに自分がやりたい事にこだわらないとHappyじゃないんでしょうか?

私にはわかりません。

 

 

 

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法

 

 

 

 

 

ストレスと上手に付き合う方法

INFP(夫)はストレスを割りと感じやすく、しかも重大に感じるところがあります。

たとえば仕事の業務で無駄だなと思う事を強制されたり、いつか迫り来るその指令に「いつか自分にこの業務が回ってくるんじゃないか?」とあるかないか、起こるか起こらない未来にストレスを強く感じるタイプです。

 

 

infp.hatenablog.com

 

 

ISFJ(妻)は、そういった事にストレスを感じることはなく「それが運命だ」「来たら来たでやるしかない」という感じ。

 

別の側面ではISFPは辻褄が合わない事が大嫌い。なので計算にしろクレジットカードの明細にしろ、誰かがウソをついている事柄など、どこまでも追求して真実がわかりたいタイプ。

 

これに関してはINFPはすごく寛大な気がします。

毎月の支払い金額も割りとどうでも良いし、だから何か不要なものが引き落とされていても気付かないし、あまり気にならないタイプ。

 

それはさておき、

強くストレスを感じたり、人をうらやんで自分が惨めに見えたりするのもINFPの特徴な気がしますが、こんなビデオを見つけたので参考にしてもらえれば。

性格がすぐに変わるなんて思いませんが気休めに。(字幕はONにしてください)

 

youtu.be

この作家さんも割りと参考になります。

 

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

 

 

作家さんのスピーチです。

 

youtu.be

ザ・ノンフィクション しっくりくる生きかた の続き

 

infp.hatenablog.com

 先日この記事を書いたのですが、見ていただいた方はわかると思うのですが、

主人公キララさんはとても行き辛そうな人生を送っています。

 

 

「男はこうあるべき」と言う学生時代を経て就職するもその呪縛を解き放つように仕事をやめ、かといって何がやりたいかと言うのも明確ではない様な・・・

 

女性として生きたいのか?と言われると少し中途半端で、断れない性格ゆえに借金を作ったり、新聞勧誘も断れずに居る、お人よし。

 

「人からお金を返してもらえない辛さがわかるから、絶対に自己破産だけはしたくない」と言いつつ自殺を図ったり・・・。

 

率直な感想は「回り道してるな」ってこと。

借金は自己破産してからやり直す人生もある。生きて納税する事の方がよっぽど人のためになる。

あれだけなりふり構わず働けるなら自己破産後、貯金もできるし夢だって追える。

 

そんな事が出来ない人なんでしょう。言われて出来ていれば、あんな人生になっていなかったでしょうし。

 

 

INFPも若干そんな部分があると思うんです。

私の夫(INFP)が仕事に迷った時、「何でもいいからお金になる事をして欲しい」と思う妻に対し「プライドがあるからそんな仕事はできない」

と言う。

 

でも最終的にはそれ以下の仕事を選んでしまうようなところがあります。

 

 

ただ、キララさんと違うのは

「この仕事はただの一時しのぎであって自分はもっと高みを目指しているんだ」

と言う熱い思いがINFPの根底にはあるように思います。

 

そして歯車が回りだすとその歯車の大きさたるや、人生を変えてくれる大きな力があると私は感じます。

 

その燃え滾る情熱と、今ある世間とのギャップが埋められないINFPがどれだけたくさんいるか、

それがINFPを苦しめ、人生を絶望視させている気がします。

 

 

決して無能ではなく、むしろかなり有能なINFPの人材の原石を私たちは見落としている。

一度「違う」と思われたらそれを覆すのが難しいのがINFP。

嫌われると力は発揮してもらえないかもしれませんが、INFPが協力者となれば、これ以上強い味方はないんじゃないでしょうか?

 

裏切らない、誠実、情熱、勉強熱心

 

 

これがINFPだと思います。

 

 

 

 

ザ・ノンフィクション しっくりくる生きかた INFPか?

youtu.be

 

これを見てINFPの方共感できるでしょうか・・・?

夫(INFP)と照らし合わせた結果はまた後ほど。

 

P.S.

やはり動画は削除されてしまいましたね。

見たい方はブログタイトルで検索すると音質は悪いですが動画はあるはずです。

INFPの結婚相手を考える

INFPの人は結婚に向かなかったり、諦めている人も居るように感じます。

現にINFPさんのブログを読んでいても、「結婚には向かない」と言っている人もいますから。

 

INFPは恋愛だけでなく、世の中との関わりにおいて「生き辛さ」を感じるタイプなので結婚することにも「フランクに考える」というよりも「色々あれこれ考えてしまう」のかもしれません。

 

もし、世界が平和で森の中の動物達のような生活であったら、INFPは穏やかに人生を送れるんじゃないかと思ったりします。

 

 

それはさておき、

夫(INFP)x 妻(ISFJ)の関係から見る結婚相手ですが

あくまでも私(妻)の個人的な考えであり、INFPさんもいろんなタイプが居て、納得される部分やそうでない部分があるでしょう。

あくまでも私(妻)から見た理想の結婚相手を想像してみようと思います。

 

 

まず、INFPさんはドリーマーであり、あまり時間や制約にとらわれない性格な気がします。

ですので相手(妻)は割りとキッチリしている人、計画的で機転が効く人が向いているんじゃないかと思うんです。

 

トラブルが発生してたくさんの事が一度にやってくるとパニックになりがちなINFPさん。

そこに的確なアドバイスと要領の良さで解決へ導くタイプの女性は合う気がします。

 

ただ、こういった機転の利く女性の中にキャリアウーマンだったり、ただ頭が良いだけ、

相手を思いやれない女性も居ますし、ヒステリックな女性も居ますが、それは絶対に向きません。

 

私たち夫婦はお互いに程度は違えど「内向気質」の為、お互いの気持ちが割りと分かり合える気がします。

パニックになっているINFPの上を行くようなヒステリーとは合いません。INFPさんにとってキャパオーバーです。

 

結婚相手を探すなら穏やかな人が良いでしょう。

ただ、穏やかなだけ、夫におんぶに抱っこの女性ももしかするとINFPさんの負担になるかもしれません。

 

INFPさんは常に理想を追い求めており、生涯賃金も低めな行きにくさん。

 

 

infp.hatenablog.com

 

確かに、お金持ちなINFPさんも居ますよ。ジョニーデップやハリーポッターの著者もINFPだと言われています。

彼らは生涯賃金は高いでしょう。

でも一歩間違えたら売れない俳優、売れない物書きだったかもしれません。

 

その相棒がただただ穏やかなだけの人だったら、夫婦としては平穏ですが、生活としてはかなり困窮するのでは?と思います。

 

たぶん、こう言うことを見越して「結婚しない」と諦めたINFPさんもいらっしゃるのかもと想像します。

 

 

INFPさんは相手に自分をわかってもらいたい。

自分のもっている情報は全部分け与えたいし、理解してほしいと思っています。

なのでそれを嫌がらずに聞いてあげる、辛抱強く付き合ってあげられる人は理想なんじゃないでしょうか?

 

 

私(ISFJ)はナースタイプで「人を助けたりする」のが割りと好きみたいなので、INFPとは性格的に合っている様です。

 

実はINFPさんとベストマッチなのはISFJではありません。

次回は実際にINFPさんに合う人をタイプ別にあげてみたいと思います。

 

 

結婚を考えているINFPさんの参考になれば。

ではまた次回。

 

 

はじめての男の婚活マニュアル

はじめての男の婚活マニュアル

 

 

比較されたくない

INFP(夫)は人と比べて、とか「あの人はこんな事やってた」「うらやましい」とか言う事をとても嫌がります。

 

ISFJ(妻)は自分で得た情報で活用できそうなこと、ポジティブな事はすんなり受け入れてそれを誰かに伝えたり共有しあう事も割りと得意な気がします。

なのでそういった情報を夫(INFP)に言うと

 

「彼はお金持ちだから」

「彼らはラッキーだから」

「良いな~楽な人生で」

 

最後には

「ハァ~」

とため息をつきます。

 

 

INFPの性格は内気で静かなところが好きなので

世に出ている成功者のような道筋を辿れない事がほとんどだと思います。

 

 

人生の成功者は一般的に

「社交的」で

「好奇心旺盛」で

「外交的」で

「興味があることには積極的に外に出る」

ような性格です。

 

 

INFPの方がこれを読むとたぶんですが、すべて相反する性格なのではないでしょうか?

 

「社交的?の場合もあるがよほど気を使っている」

「好奇心はあるが先を見越して自分を押さえがち」

「内向的」

「興味があっても自分には無理と諦める」

 

 

先日もお盆休みにとある場所に行こうか?と少し考えていました。(心の中で)

彼にとってとても行きたい場所ですが、私にとっては興味が無い場所。

 

今までもそうだったのですが、計画して行きたい所へ実行に移すのはいつも私(ISFJ)なのです。

彼主導で行きたい所へ行こうというのはあまり実行されていません。

 

 

これはINFPの「P」の部分が大きく作用しているのか?

INFP全体がそうさせるのか不明ですが、本当に計画を立てて実行するのが苦手(または無意味と思ってる節アリ)です。

 

 

infp.hatenablog.com

 この性格を最近理解してきたので、

「彼は本当に自分の行きたい場所に行く為に計画を立て、実現する事が出来るのか?」

 

を観察していましたら、

「○○へ行きたいなぁ~」と何度かつぶやきましたが、

結局お盆休みは何もせずに過ぎていきました。

 

 

 

さて、話を元に戻しますが、

INFPは心の中にプライドと自分の実力を隠し持っているので

それが生かされていない人生に本当は嫌気が差しているのです。

 

そこにちょっとの運で勝ち取った様な人たちを見ると「絶望感」が半端ないみたいです。

「本当は自分がそんな人生を歩めているはずなのに」といった感覚になるのでしょうか?

なので結局「ハァ~」とため息をつき、この世の不公平さを恨めしく思うわけです。

 

 

自分は自分、他人は他人と思えると良いのですが、

何せこの世の中、情報を切り離して生活する事は難しく、交友関係からも要らぬ情報は常に世間話として入ってくるので彼らにとっては行き辛いのだろうなと感じます。

 

 

最近夫が聞いたINFPさんの話

「彼(INFP)が会社を辞めた理由:それは後ろの席の人がうるさすぎるから」

 

こんな理由でも仕事に支障をきたすINFPさん。

たぶん辞める時は何事も無かったように理由も何となくもっともらしく静かに辞めて行ったのかな~なんて旦那を見ながら思ったりしました。

 

~おすすめの映画~

 

生きる [Blu-ray]

生きる [Blu-ray]

 

旦那は何度もこれを見ています。

私にも見てほしい(一緒に見てほしい)みたいですが、まだ見ていません。