INFPのブログ

INFP夫の備忘録

INFP夫

人生を生きづらいと感じた事はあるだろうか?

夫(INFP)は常に最善の方向とは逆の最悪の道を選ぶ方かなと思う。

 

要領はいたって悪く、かといって頭が悪いわけではない。

特別な能力にも優れているし、妻である私も助けられる事は多い。

ただ、人生を生きていくにはとても柔軟な人ではない。

 

人間は1日に24時間しかなく平等だ。

ただ彼らINFPにとって矛盾があること、しっかり考えて、答えを出さないと気がすまない事が多々あり、そうなると時間をじっくりかけすぎて波に乗り遅れる様なそんな感じ。

ただ、発達傷害だとかそういうのではないみたい。

 

私が

遊びの一環で、簡単な心理テストを出した時、夫(INFP)はその質問に簡単には答えてくれない。

その状況を詳しく聞きたがったり、自ら条件をつけて

「こう言うときはこうなるだろうし、こんな時はこうだと思うし」

 

と心理テストを単純に楽しもうとしてる私にとっては腰を折られたような、

「もう良いよ」

と言ってしまいたくなる様な感じになる。

 

かく言う私はISFJだ。

 

この「記号」は心理テストをした結果、個人を16のタイプに分けた言い方のようで、

下のテストですぐに判断が出来るので、興味がある方は是非。

無料性格診断テスト | 16Personalities

 

 

この心理テストでタイプ別のページが用意されているのですが、

INFPのページだけ、SNSで6.9Kもネット上で拡散されている。

他のタイプを見てみると3Kくらいだ。

 

それだけ自分の生きづらさに憤りを感じたり、何か違和感を感じているのかなと思う。

何せ、世界に4%という希少価値のある人たちですからね(笑)

 

 

これから夫(INFP)について書いていこうと思う。

少数派INFPの方々に共感してもらえると良いのだけれど。

 

 

内向型は起業をしよう

今がチャンス!

働き方がここ数年でガラリと変わって、終身雇用も学歴も、すべて今までの常識が崩れ去っている今、内向型の人は自分の家をオフィスにすることを考えてもいいのでは?

 

 

もう内向型は組織で働かなくていい

もう内向型は組織で働かなくていい

 

 まだこちらは読んでいないのですが、

ちょっとサンプルを読ませてもらったら、「本当にそうだな」ということが多くて参考になります。

 

著者はちょっとした物音をストレスに感じたり、かなり神経質であり、内向的。

そんな彼女が東京を離れて、大好きだった場所で自宅を仕事場に選んでつかんだ幸せ、きっとINFPの人の参考にもなると思います。

 

 

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

こちらにも書かれていますが、今後人生をより豊かに、この変わりつつある社会で生き抜いていくか、よく考えないだめだと思います。

 

 

特に、私たち内向型(Introvert)の人たちは、今までの働き方では日々疲弊してしまいます。

 

上の「Life Shift」の著者はかなり外向的(Extrovert)で、いかに人とのつながりが大事かということも力説されていますが、確かに人脈や助けてくれる人は大切ですが、内向型の私たちにとって人とのつながりをより広く持つことはさらに疲れてしまい、全く逆効果になります。

 

 

こういった啓発本を読むと、人脈についてよく書かれていますが、それを読むたびに、私は

「それはそうだけど、疲れそうだな~」

 

「一度ならいいけど、付き合い続けるのしんどそう」

 

と、

考えただけで憂鬱です。

 

 

そこで私は

内向型の人は「人脈づくり」に精を出すのではなく「情報をいかに吸収するか」に重きを置くほうが良いのかなと思います。

 

 

今後の人生で、いかに情報を正しく取り込むかが生きていくうえで大切であるため、

「他人とのコミュニケーションも億劫、なおかつ本を読んだり知識を増やすことも面倒」

となれば、あとは下に落ちてゆくだけ。最後は不平不満を言うだけの残念な人間になってしまう気がするのです。

 

 

積極的に外に出て情報を取り込む(または共有する)ことが苦手な内向型は、好きな情報を好きなだけ、正しく、書籍やネットなどからインプットするほうが良いと考えています。

 

静かで、落ち着く環境で情報収集が最適です。

 

 

私は本を読むことが苦手です。

途中で良いアイデアを思いつくとついそちらに想像が持っていかれるので、本を読むことに集中しにくいのです。

良いアイデアが思いつかなくても「あれをやらなきゃ、忘れてな」なんて情報が入ってくると、もうその情報が頭を占拠してしまいます。

 

 

でも私も内向型なので、できるだけ本を読もうと思っています。

 

 

また

 

 

こちらも会社を辞めようかなと考えている人なら一度は読むほうが良いかと思います。

会社員でいる限り、一生お金持ちにはなれないことが書かれています。

 

 

INFPさんは情熱も知性もあるので何か自分の得意分野で落ち着く環境で仕事ができると良いなと思います。

 

 

今、仕事が苦痛な人、無職の人、何か得意なことを生かして起業してみるのも良いかもしれません。

大きなこと(設備投資)をしなければ、失敗しても大した損失も出ないでしょうしね。

今はそんな働き方が一般的になりつつあるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

センチメンタル~思い出を捨てられない~

INFPタイプの皆さんは「物」や「思い出」に執着はありますか?

 

これはINFPの性格を表しているかわかりませんが、私の夫(INFP)は持ち物への執着がすごく強いです。

 

今まで使用していた服、ゲーム、おもちゃ、置物、子供時代の服やおもちゃまで、捨てることができません。

 

また思い出の品や住んでいた場所、行ったことのある思い出の場所なども大切にするタイプです。

思い入れが強すぎてすごくセンチメンタルになりがちです。

 

加えて、今現在の状況が思わしくない場合は、その過去の思い出に浸ったり、過去の思い出の場所を通りがかったりすると、

「あの頃に戻りたい」

という感じになったりもします。

 

 

子供時代のアニソンのメドレーを聞いて

「あの時代は良かった。戻りたいなー」

っていうような感じ。でもそれがより深い感じがします。

 

逆に、悪いイメージの場所や人、会社などは二度と見たくないし近寄りたくない、バッサリ切り落とすのもすごく潔いのです。

 

特に関わった会社でが発売している商品などは一切使わなくなります。

会社に入るときにはその会社が大好きなので、商品を使ったり、私にも薦めてきたりするのですが、一旦嫌いになると「使うのも嫌」「見るのも嫌」と、かなりの拒否反応を起こします。

 

妻(ISFJ)の私はというと、

あまり外部に深い思い入れをはじめから持たないので、かかわりがある商品を特に薦めてたり、積極的に購入することもないですし、嫌いになったからと言って嫌悪感で拒否するという感じでもない、割とドライな性格です。

 

 

捨てられないので、服や物がたまる一方で1年に1回も来ていないもの、もう使わないものは捨ててほしいのですが、身を切り裂かれる思いだそうで、最終的には写真を撮って捨てたりするほどです。

皆さんはそうではないですか?

 

 

心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ

心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ

 

 

 

断捨離 なぜ

断捨離 なぜ"捨てられない人"は「うつ」になりやすいのか?―モノ 人 執着 思い込み クセ

 

 

 

内向的なINFPの方への本です。

気が晴れないうっとうしい梅雨の時期にぜひ読んでほしい。

 

 

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

 

 

 

内向型を強みにする

内向型を強みにする

 

 

 Kindle unlimitedなら今!無料で読める。

 

 

もう内向型は組織で働かなくていい

もう内向型は組織で働かなくていい

 

 

 

ナルシストに集(たか)られる

INFPの人はナルシストに気力体力を奪われる傾向にあります

 

INFPの人の特徴に「平和主義」や「断ることで相手がどう思われるか気がかり」などがあり、気を使いすぎる性格があります

 

なので、集団で生活をする際に、争いが嫌いですから、自己主張をしようとして相手と意見が食い違う際に発生する意見の戦わせあいも好きではありません。

 

なので結局自己主張できずに収束に向かわせることがあります。

 

 

 

特にナルシストは自己愛が強く、また相手に同調されてさらに自信をつけていくタイプなので、INFPはその点、そういったナルシストタイプにつかまると、ターゲットとなるINFPは同調してくれるとても居心地の良い人になり、さらにエスカレートすることがあります。

 

本当は聞いていたくなくても相手を思いやる気持ちの方が強いので(とはいえ、はじめは本当に聞き役として本人も楽しんでいるはず)、その場の空気を壊すことができずにナルシストにつかまってしまうことがあります。

 

ナルシストに限らず、INFPのタイプは人に話しかけられると割と長いこと切り上げられないことが多いです。

 

たぶん自分から話を中断するのが苦手なので、相手が終結させてくれない限り、永遠に話しかけられるとのこと。

 

 

===海外での話===

とあるINFPの女性は買い物が大嫌いでした。

海外ではスーパーで買い物をすれば、レジの方と気軽に話をするのは一般的。

私が想像するに、その女性も自分から話をぶった切って会話を終結させることが苦手なのでしょう。

 

そんなことがストレスになった彼女は、オンラインオーダーへ切り替えました。

週に何日かネットスーパーから食材が届くので、今までのストレスはなくなったというのです。

 

しかし、運んでくる人もまた人であることに変わりはなく、配達回数が増えるごとに、その配達員との会話が生まれ、またそれがストレスになったという話です

 

 

 

私の夫(INFP)もスポーツジムに通っていましたが、いつも誰かから話しかけられるストレスを感じていました。

イヤホンをしていても話しかけられることにストレスを感じ、徐々に足はジムから遠のき、最終的には退会してしまいました

 

 

相手は楽しくお話してくれる相手だと思っているでしょうし、お互いがそういう立場だと思っているのかもしれません。しかし、INFPにとっては表情では読み取れないですが、かなりのストレスになっているようです。

 

 

私(ISFJ)が思うに、INFPのその曖昧な態度が、また相手を困惑させる原因を作っている気もします。

言わなきゃわからない、そんなこと思ってたの?と青天の霹靂の場合も多いのです。

良かれと思っていることが悪い結果を招いているなら、ぜひハッキリと言ってほしいなと思ったりします。それがお互いのためでもあるので。

 

 

 

お疲れな皆様にアイマッサージャーを。

先日どれがいいか迷いに迷ってこれにしました。

変な機能が付いていないし、ストレスフリーなので私より夫がよく使っています。

 

パソコンやスマホ、細かい作業の終わりにこれ!

「寝落ち」なんて信じられませんでしたが、寝落ちしますよ、これ(笑)。

 

 

自己中心的(INFP)

INFPの夫が、控えめでありながら、根底に自己中心的な部分があるなと感じ始めている妻です。

 

www.16personalities.com

 

控えめで人のことを気にするあまり、自己主張が出来なかったり、人と意見のぶつかり合いをすごく嫌う夫(INFP)ですが、

割りと気の置ける間柄になると、相手(妻)の気持ちはそっちのけで自分(夫)が今抱えている問題を丸投げしてくる事が良くあります。

 

 

本人はそれで解決する(話すと気が楽になる)のですが、

私(一応ISFJ最近変わりつつある)は、問題は解決せずにいられないのです。

アドバイスと言うほどではないですが、

 

「○○した方がいいんじゃない?」

「こう言う考え方なら気が楽では?」

 

 と言う解決方法を見つけたくなります。

 

 

 

それをじっくり話せるときじゃなく、時間制限がある昼休みに投げてきたり、

内容をかなり簡略して話してきたりすると(言いたい事が優先して内容がおろそかになる事もよくあり)、それを聞きなおして解決する糸口を見つけたくなります。

 

 

最近は話半分に聞いたりしています。

 

一番嫌なのは

「見たくない」

「やりたくない」

「答えたくない」

「考えたくない」

ってことを割りと強制的に強要(共有)したがることかな。

 

 

先日、夫宛に来たメールを

夫:「見たい?」

妻:「見たくない」

 

と言っているのにも関わらず、私宛てに転送して

 丸投げをしてきたことに少しイラッとしました。

 

夫はそれで気が軽くなってるけれど、相手の私の気持ちは完全に無視だなーと思った出来事でした。

 

 

 

 

別の自己中心的な行動としては

「自分ではこうと決めているのに意見を求めて最終的に自分に意見に従う」

ことですね。

 

以前、こちらでも書きました。

 

infp.hatenablog.com

 

 

たぶん、自分の意見に賛同して欲しい。または背中を押して欲しいというのが本音なのですが、悩んでいる人にアドバイスをする際、私(ISFJ)は最悪な事も考えたり、逆の側面を総合的に検討する事が良くあるので、相手の思惑通りの答えにならないことも良くあります。

 

なので、結局私が意見を言っても、最終的には自分の意思に従う事が多いのかなーと感じています。

 

 

 

 

消極性デザイン宣言 ―消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。

消極性デザイン宣言 ―消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。

 

 

 

INFPのジレンマ

INFP(夫)は気を使いすぎる性格だったり、キチットした行程で無いと物事を進めにくい性格のため、社会に適応するのが難しかったりする。

 

 

一見、人当たりが良くて周りも良く見えていて誰にでも優しくとても好印象を与えていますが、それは割りと無理をしているため、ドット疲れをためこんでいる状態です。

 

無理をしているとは言え、それがINFPの性格なので、止める事が出来ません

止めて自分を開放し、気楽に生きれば良いのに。人に気を使いすぎ!なんて言っても、それが出来れば苦労しない!のがINFPなんです。

 

 

私はINFPじゃないので、本当のところは推察でしかないので、夫(INFP)と過ごしている時間の中で、感じることが、上記の事なんです。

 

 

 

さて、

転職に転職を重ねる夫ですが、

日本の企業は出来るだけ無垢(反抗しない)で忠誠心のある(文句も言わず長期働く)人材を求めています。

 

ですので、履歴書を見て、就職した会社が多ければ多いほどすぐに人選から外されます。

数多く応募がある中から数人(または一人)を選ぶ際、履歴書の選別は、経歴が多いか少ないかで判断しているのではないでしょうか?

もちろん、最終学歴を見て、職歴を見る。

一人当たり10秒もあれば選定され、不採用の人には決まりきった定型文をメールで送って終わり。

彼らがどんな事に携わってきたなどはほぼ関係がありません。

 

 

これを踏まえて転職が多い夫はとても不利です。

彼が今までやってきた事、経験を生かせる事などすべて無視されるのです。

 

 

そんなことを繰り返していると、自信を失い、鬱にもなりかねません。

 出来る事はあるのに、その才能が生かせない。生かせるかと思って就職しても、会社の作業工程や効率の悪さ、上司の無能さに苛立って、結局続かないということが多々あります。

 

ある程度の凡人は、周りがどうであろうと、どんなに非効率な事をしていようと、自分の与えられた仕事が何とかこなせ、一ヶ月働けば一定の給料がもらえればそれで良いのです。

だから同僚との関係も希薄ですし、あまりかかわりを持ちませんよね。

夫(INFP)はそういう割り切った関係が保てないのです。

 

夫の場合、自分自身がこうだと思う意見にも耳を傾けて欲しいし、それで会社も改善されればなお嬉しい。また上司や同僚からのミッションにも全力で応えたい。

ただ、日本の企業ではそんな情熱を持って取り組む会社は多くない。輝いている上場企業にはそんな情熱があっても、夫は履歴書ではねられるでしょう。

 

このジレンマ、INFPの方ならわかるのではないでしょうか?

 

今の大部分?の企業は自分の首だけが大切で、あまり波風も立てたくなければ改善なんてしたくないのです。

ぬるま湯に何十年も浸かっていて、ある程度の給料ももらえている。いまさら何を変える必要があるのか?ってなもんでしょう。

定年まで今の給料をもらえたらそれで良いって言う人が多い。そして本部と現場の温度差もしかりです。

 

社会はそんなもんか、と諦めて同じぬるま湯に浸かる人がほとんどですが、

INFPにそんなことが出来れば、苦労は無いのです。だから苦しく生き辛いんですよ

INFPがとても一般的な性格なら共感者も多くて良いのですが、数も少ないですから、共感もされにくく、かわいそうだなと思います。

 

INFPの方、好きで究められる事を見つけて、転職、もしくは起業してください。

今日もGW明け、旦那は会社に行きたくないと思いつつ、出勤していきました

そして当然のことながら、昨夜はまったく眠れなかったそうです。

 

 

ゼロからの起業術~初年度から1000万円売り上げる

ゼロからの起業術~初年度から1000万円売り上げる

 

 

 

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

 

 

INFPの夫、もしくは夫を支える為に読んでおきたい本。

 

 

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

 

 

夫が仕事を辞めるみたい

またまた変動の時。

夫(INFP)が仕事を辞めるみたい。もう結婚も長いので、「またか」と言う感じですが。

今の仕事はやりがいを感じ、自分のスキルを存分に?とまではいかないまでも、ある程度発揮できるのではと希望と期待を胸に転職をしたわけですが、

内部事情はそうではなかったようです。

 

この転職に傾いたきっかけは、仕事の内容が変わり、お給料がかなり下がることです。

夫(INFP)は「認めて欲しい」願望がかなり強いですし、そのために夫なりに会社には全力を注いでいます

 

 

infp.hatenablog.com

 

全力でぶつかっているからこそ、それに応えて欲しい、その分評価をして欲しいと内心は思っているのにも関わらず、裏腹に評価を下げられる形となりました。

 

直接言われたわけではありませんが、お給料が下がると言う事はそういうことだと判断します。

 

そして、さらに夫が懸念している事は、

今までとは業務内容は変わるからと聞かされていますが、実は同じことをさせられるのではないかと言うこと。

 

ここで、

「自分は良いように会社に使われてしまう」

と危機感を抱いてしまうのです。

 

そうなったら最後、その会社が大嫌いになり、「使われてたまるか」と言う心理状態になります。

 

ただ、INFPの厄介なところは、そんな気持ちを相手に伝える事をためらってしまうのです。はっきり相手に言わないですし、相手を思いやる気持ちが強すぎて、言わないでおくのです。自己主張も出来ず、さらに会社にいる間はその人にいい顔をしたい(してしまう)と言うのがINFPなのです。

 

私(ISFJ)だったら、辞めるまでは水面下で動いて、最後に大きな爆弾投下で辞めますけどね。

 

 

こんないきさつがあり、また転職活動をする事になりそうです。

もう慣れっこですが、転職回数が多いので、年齢を重ねるごとに次の職探しが難しくなるのですが、本人はわかってはいるものの、それ以上に裏切られた場所にい続ける事は大変な苦痛のようです

 

今、ワークシフトと言う本を読んでいます。

私たちY世代は仕事を私生活に合わせて選択し、仕事以外を充実させるような生き方を望む世代。

今までは会社が自分の一生を決めてきた背景がありますが、これからは自分自身で選択し、リスクも考えないといけなくなっています。

 

その変動期にいる私たちは、古い考えの会社とは対立したり、日々さまざまな選択を迫られる世代だなと感じます。

 

 わりとためになるので、是非読んでおいて損は無い本かなと思います。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

 

繊細な人はアレルギーになりやすいか?(最後に追記しました)

夫(INFP)はとても繊細です。

特にHSPなので(以下参照)「こんな事で?」と言うことにも引っかかったりします。

 

 

infp.hatenablog.com

 

先日はYahooニュースの記事にはHSC(Highly Sencitive Child)と言うのが載っていましたが、そこにも

・服のタグが気になる

・他人の話が自分の事を言われているように感じる

など、

子供時代からいろんなことに敏感なんだなと。

 

繊細と言えば、物事を敏感に感じ取る機能に優れていると言う事ですから、

もしかすると、アレルギーなどそういう外部からの刺激にも弱いのでは?

 

と最近感じるようになりました。

 

 

そんな夫は「花粉症」です。

 

この春の時期は辛そうで、薬もあまり効きません。

自宅にいても完全に防げていないのでくしゃみや目のかゆみなど、休日外出をしない日でもひどいです。

 

 

INFPさんは花粉症でしょうか?

 

 

夫はその他にもフルーツにも敏感に反応するので

りんご、パイナップル、もも、キウイ、トマトなどもコンディションが悪いとすぐに、

良くても大量に食べていると舌がかゆくなり、赤くはれ上がります。

 

元々フルーツが大好きではないので、困るわけではないですが、

大変そうだなと。

私は鈍感でよかったと思います。

ちなみに妻の私(ISFJ)は花粉症ではありません。

 

 

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
 

 これを飲んでいますが、効いてるのか効いていないのか。

今日はモーニングアタックがひどかったです。

 

 これは割りと効いている気がします。

匂いがウエットティッシュのような、ほぼ無香料に近いのと清潔感の香りなので私も気休めに使っています。

 

 

ゴーグルして寝ようかななんて言っていましたが、

HSPの夫ですから、ゴーグルをして寝たら、たぶんゴムの圧迫で頭痛を引き起こすと思います(笑)

 

 

アイマスクにこのスプレーをして寝るのを試してみようかな?と検討中。

 

 

 

~~~追記~~~

先日ドラッグストアの薬剤師さんと話をしながらアレルギーを抑える薬を選んでいたのですが、

「アレジオン」や「アレグラ」は効き目が弱いらしいです。

強い効き目の薬は眠気を誘うらしいです。

 

夫に合ったのは

 

【指定第2類医薬品】エスタック鼻炎カプセル12 40カプセル

【指定第2類医薬品】エスタック鼻炎カプセル12 40カプセル

 

 こちら。

これを飲むと鼻づまりが止まりました。

眠気が来るらしかったので、休日の日に服用してみましたがそれほど眠気が来る事もなかったです。

運転をして出勤される方、運転をメインでお仕事をしている方は休日だけにするか少し気をつけたほうが良さそうです。

 

 

あと、症状がひどくなると、唾を飲み込むのも痛いくらい喉のヒリヒリに悩む夫。

一応トローチも購入して、今のところ大丈夫みたいです。

 

 

【第2類医薬品】サトウ駆風解毒湯エキストローチ 18個

【第2類医薬品】サトウ駆風解毒湯エキストローチ 18個

 

 

 

このエスタックの効果が高かったので、鼻の通りも良くなって眠りやすくなっているようです。

そして喉の炎症もたぶんこのエスタックの効果が効いているのでは?と思っています。

 アレルギーにも敏感なみなさん、お大事に。